第7回 水戸黄門漫遊マラソン
20221030日(日) 9:00 START!

救護

1. 救護の目的

  1. ① 参加者(ランナー・運営スタッフ・観客)の健康リスクの管理・軽減、事故を未然に防止すること。
  2. ② 参加者が安全に大会を終了できるよう支援すること。
  3. ③ 傷病者の応急手当を基本とし、その後の必要な医療を受けられるようにすること。
  4. ④ 軽傷の場合は、その場で対応し、最寄りの救護所に誘導する。
  5. ⑤ 二次災害を防止すること。

2. 救護の範囲

  1. ① 大会開催中におけるランナー・運営スタッフ・観客への対応をする。
  2. ② 医師の判断により緊急性の高い場合、もしくは高度な診察・処置が必要な場合、救急車による搬送を依頼する。
  3. ③ 医師の判断により、大会会場及びコース上での処置が可能な場合は速やかに対応し、医療機関での診察を促す。
  4. ④ 軽傷の場合は、その場で対応し、最寄りの救護所に誘導する。
  5. ⑤ 大会関係者及び関係機関と連携し、傷病者の安全を優先する。
  6. ⑥ マラソンコース近隣の方々の救急搬送の連携・開催地域における救急医療体制への負担を軽減する。

※救護所ではコールドスプレー、マッサージ、湿布等のサービスはありません。

ランナーの皆様に安全・安心に楽しく走るために心掛けていただくこと

  • ▼前日の十分な睡眠。
  • ▼時間に余裕を持った会場入り。
  • ▼エネルギーの源となる補給食の携帯。
  • ▼こまめな水分補給。
  • ▼常にマイペースで。
  • ▼体調が優れない場合はリタイアする勇気。

3. 救護体制

① 医師/看護師/消防隊員

実行委員会が定める注意事項を遵守し、活動できること。

② 救護本部

フィニッシュ付近にて怪我や体調不良への応急処置を行うほか、必要に応じて病院への搬送を行います。

③ 救護所

コース上10箇所に救護所を設置して怪我や体調不良への応急処置を行います。

距離ポスト救護所名設置場所施設名
0㎞救護所A南町常陽銀行本店駐車場
5.0㎞救護所B千波町WASH&FOLD:茨城トヨペット向かい
12.6㎞救護所C小吹町ケーズデンキスタジアム水戸
19.4㎞救護所D内原町農業実践学園直売所
25.0㎞救護所E飯島町多㐂川
29.3㎞救護所F見川町水戸市土木補修事務所
33.6㎞救護所G千波町千波湖西駐車場
35.3㎞救護所H千波町千波大橋下
40.0㎞救護所I金町さわやか交通
42.2㎞救護本部三の丸茨城県三の丸庁舎駐車場

④ 固定AEDの配置

水戸地区救急普及協会の協力をいただき、コース等に計81台のAEDを配置し迅速な対応策を図ります。

AED配置箇所の目安

  • 救護本部または各救護所に配置
  • 大会本部・案内所・受付会場に配置
  • コース上1kmおきに配置
  • コース上30.0km以降は約500mおきに配置
  • 千波湖畔コースは約300~400mおきに配置
  • ランナー間を走行する収容車の一部に配置

※水戸市内のセブンイレブン、ミニストップ、ファミリーマート、ローソン全店舗にAEDが配置されています。

⑤ 無線通信による緊急対応 

日本赤十字アマチュア無線奉仕団の協力をいただき、「救護本部」とコース上の「固定AED」間の緊急連絡等に対応します。

⑥ 救護車(固定)

コース上に設置された「救護所」全8箇所に配置し、自力で歩けないランナーに対応します。

⑦ 収容車(移動)

ランナー間に収容車、ランナー最後方には収容バスを運行し、自力で歩けないランナーに対応します。
また、一部の車両にはAEDを車載し、緊急時に対応します。

⑧ メディカルランナー 174名

医師・看護師・准看護士・救急救命士がランナーとして参加しています。
十字のデザイン又はナンバーの後ろに「M」と記されたアスリートビブスをつけて走行し、コース上で緊急事態に対応します。
※メディカルランナーの携行品 (ニトリルグローブ・マスク・消毒液(携帯用)・アルコール除菌シート(携帯用)・ビニール袋・絆創膏)

メディカルランナー用のアスリートビブス

一般

陸連登録者

メディカルランナー携行品

⑨ ランナーケア(コース上)

茨城県柔道整復師会の協力により、コース上3箇所及びフィニッシュエリア内1箇所で必要に応じて筋肉・関節外傷の応急手当、アイシング、固定包帯、ストレッチ、テーピング処理等を実施します。

⑩ ペアストレッチ(メイン会場)

リリー文化学園の協力により、メイン会場にてゴール後のストレッチを実施します。

⑪ 医療機関への受診

茨城県救急医療情報システムをご覧ください。
https://www.qq.pref.ibarf.ibaraki.jp/

4. 救護体制配置図

ボランティアスタッフ携帯品

アクションカード
(画像をクリックすると拡大表示されます)

心肺蘇生法カード
(画像をクリックすると拡大表示されます)

ランナーの皆様へお願い

  • 走路の安全確認/傷病者の早期発見/テロ対策等のため、競技車両、警察車両、収容車両、広報車両等がランナー間を走行しますので、ご注意ください。
  • 緊急時には救急車、警察車両、収容車両等、コース内に緊急車両を走行させる場合がありますので、予めご了承ください。
  • 緊急車両走行時には、ランナーの走行を制限し車を通行させる場合があります。
  • 救護所では、コールドスプレー、マッサージ、湿布等のサービスはおこないませんので、ランナーケアをご利用ください。
    ※ランナーケア(筋肉・関節外傷の応急手当・アイシング・固定包帯・ストレッチ・テーピング処置)
  • アスリートビブスの裏面は、救護に必要な情報が集約されていますので、事前に必ずご記入ください。
  • 医療機関へ搬送された場合は、アスリートビブス(裏面)に記された個人情報について医療機関および救急隊に提供します。

(画像をクリックすると拡大表示されます)

5. 医師・看護師派遣協力機関

  • 一般社団法人 水戸市医師会
  • 社会福祉法人 恩賜財団 済生会支部 茨城県済生会 水戸済生会病院
  • 筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター 茨城県厚生連総合病院 水戸協同病院
  • 日本赤十字社 水戸赤十字病院
  • 独立行政法人国立病院機構 水戸医療センター
  • 医療法人社団北水会 北水会記念病院
  • 医療法人桜丘会 水戸ブレインハートセンター
  • 医療法人社団誠潤会 水戸病院
  • 医療法人社団青潤会 青柳病院
  • 田口同仁クリニック
  • 医療法人省和会 長田医院

6. 協力団体

  • 公益財団法人 茨城県柔道整復師会
  • 一般社団法人 水戸地区救急普及協会
  • 水戸地区救急普及協会 指導員

水戸地区救急普及協会 指導員

大会当日は固定AED係としてAEDを携帯して沿道に立ち、スタッフ同士連携しながら一丸となってランナー、そして沿道で声援を送る市民の方々の安全を万全な体制で見守ります。

左から、鴨志田 真江指導員、石野 奈緒美指導員、大竹 恵理指導員、藤野 八千代指導員

7. 協力学校

学校法人 リリー文化学園 、リリーこども&スポーツ専門学校

8. 新型コロナウイルス感染症対策として

各救護所
・救護所で従事する医療スタッフ、ボランティアスタッフは、マスクの他に感染防止エプロンや感染防止ゴーグルを着用します。 ・使用したベットなどは毎回消毒をします。 ・救護所の利用は原則15分までです。回復が見込めない場合はリタイアとし、収容車で最寄りの関門・リタイアポイント又は メイン会場に送ります。 ・発熱などの感染疑い症状が出た方は他の方と隔離スペースを設けます。 ・テントの一部幌を開け、定期的に換気を行います。
ランナーケア
・スタッフはマスク、感染防止ゴーグルを着用します。 ・利用するランナーはマスク着用、手指消毒を徹底し、施術者との会話は必要最低限とします。 ・施術時間は15分までとし、テントの一部幌を開け、定期的に換気を行います。 ・施術後、使用した物品等は消毒をします。 ・感染症の状況によっては、縮小もしくは中止する場合があります。