パンフレット 市民ランナーの10か条 大会PV 協賛のご案内 MCC - Marathon Challenge Cup RUNasONE 茨城30K toto ふるさと寄附基金 水戸市市政施行130周年

救護

日本国内に数千件あると言われるマラソンイベント
あなたは、なにを基準に選んでいますか?

ランナーの完走サポートはもちろん 
私たちは更なる安全・安心な大会を目指しています。

救護の目的

救護の目的

救護の範囲

※救護所では消炎スプレー、マッサージ、湿布等のサービスはありません。

メディカルスタッフウェア

安心・安全に楽しく走るために心掛けること

みとちゃん

▼ 前日の十分な睡眠。

▼ 時間に余裕を持った会場入り。

▼ エネルギーの源となる補給食の携帯。

▼ こまめな水分補給。

▼ 常にマイペースで。

▼ 体調が優れない場合はリタイアする勇気。

▼ 地元の方たちとのふれあいを大切に。

救護体制



みとちゃん 担架隊
距離ポスト 救護所名 設置場所 施設名
0km 救護所A 南町2丁目 常陽銀行本店駐車場
5.0km 救護所B 千波町 茨城トヨペット向
12.6km 救護所C 小吹町 ケーズデンキスタジアム水戸
19.4km 救護所D 内原町 農業実践学園直売所
25.0km 救護所E 飯島町 多㐂川
29.3km 救護所F 見川町 水戸市土木補修事務所
33.2km 救護所G 千波町 千波湖西駐車場
35.0km 救護所H 千波町 千波大橋下
39.6km 救護所I 金町1丁目 さわやか交通
フィニッシュ 救護本部 三の丸1丁目 茨城県三の丸庁舎駐車場


AED




救護所 メディカルランナーナンバーカード

メディカルランナー用のナンバーカード




ランナーケア

ランナーケアの様子(会場)

救護体制配置図

救護体制配置図

(画像をクリックすると拡大表示されます)

救命講習の実施



救命講習の実施
救命講習の実施
救命講習の実施

ボランティアスタッフ携帯品

アクションカード

アクションカード

(画像をクリックすると拡大表示されます)

心肺蘇生法カード

心肺蘇生法カード

(画像をクリックすると拡大表示されます)

ランナーの皆様へお願い







ナンバーカード
(裏面)

ナンバーカード

(画像をクリックすると拡大表示されます)

みとちゃん

医師・看護師派遣協力機関

協力団体

協力学校

医師のコメント

菊地医師

水戸黄門漫遊マラソン救護統括
水戸済生会総合病院 菊地医師

回を追うごとに増加するランナーに伴いリスクも増加している中、ランナーの皆さんには万全な体調管理はもちろん、決して他人事ではない危機感を持って、安全にマラソンを楽しんでいただきたいと思います。我々救護スタッフも一丸となって、より安全で安心な大会運営を目指し、ランナーの皆さんを全力でサポートしてまいります。

水戸地区救急普及協会 指導員

傷病者発生に備えその場に居合わせた方が迅速に、そして的確に対応できるよう大会前にボランティアスタッフの方々へ救命講習を実施し、また、大会当日は固定AED係としてAEDを携帯して沿道に立ち、スタッフ同士連携しながら一丸となってランナー、そして沿道で声援を送る市民の方々の安全を万全な体制で見守ります。

救急普及協会 和知様

 左から、鴨志田 真江 指導員
     石野 奈緒美 指導員
     大竹 恵理 指導員
     藤野 八千代 指導員

特別協賛

水戸信用金庫

協賛

スポーツプラザ山新 ノーブルホーム アダストリア 水戸ヤクルト販売 コスモ綜合建設㈱ 常陽銀行 養命酒 CATERPY㈱ ミズノ 暁飯島工業㈱ フォトクリエイト スカイマーク ㈱エール・クリエート デザインスタジオティードット 五光水戸支店 大和証券㈱水戸支店 株木建設㈱ ㈱筑波銀行 関彰商事 ケーズデンキ㈱ ㈱サンライフコーポレーション フクダ電子 茨城トヨペット㈱ 三興電気㈱ JA水戸 水戸証券 ㈱フジコー GCC イオンモール水戸内原 伊勢甚 第一生命